Archives

2016年1月

No.1事務所セルフリフォーム PROJECT#1

こんにちは!空間活用研究所 所長の寺地です。
建物の事がよくわからないから、自分達でやっちゃおうという事務所セルフリフォームプロジェクト第1回目です。
僕の場合、大家といっても自分の所有する建物がどう造られているのか知識がありません…
本来ならプロの大工さんや工務店の方たちにお願いするにしても説明して頂く用語もこれまたわかりません…

自分が運営する賃貸マンションのこれからの事をどうするか。
そんな漠然とした不安と将来の事を考えている時に
こちらサイトを運営している人に出会い、このプロジェクトの話は始まりました。

今の、入居者が減りゆく現状から何とか抜け出したいという思いでお会いさせて頂きました。
現状の建物の状態や入居者との関係なんかも含めて、本当に色んな話し合いをしました。
まずは、自宅事務所として使用していた空間をまずは自分の手で工事してみて建物の中がどうなっているのか?
「その工事を行う中で建物の構造から部屋の内装の作り方を学ぼう。」

それなら、自分達が使う空間なので誰にも迷惑は掛けないし、思い切ってやってみよういう結論になりました。

DIYの先生には住宅のリノベーションや実際に人に「作る」事を教えている大工の先生についてもらいながら
元々あった事務所スペースを解体から壁、床、材料の決め方から自分達で決めていき、工事を行っていきます。

まず元々あった応接セットやソファを処分することから始めました。
古い資料や使用しなくなったモノの処分には約2~3週間の時間が掛かってしまいました…

玄関

混沌状態の事務所

混沌状態の事務所

混沌状態の事務所

Exif_JPEG_PICTURE

063

 工事前
何も無くなりました。

工事前


Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

(初)入居面談に行ってきました。

ず~っと考えていたのにず~っと出来なかった入居を希望して頂いた方との面談を初めてさせて頂きました。

不動産賃貸業を初めてず~っと不思議というか、違和感を感じていたことがあったんです。

なぜ大家は入居を望んでくれているお客様と話す事が出来ないんだろう?

数ある物件の中からうちの物件を選んで頂いた方が
どんな人でどういったバックグラウンドがあってどんな理由でうちのマンションを選んで頂いたのか?
そこをずっと知りたいと思っていました。

駅や家賃や立地等で見比べた上で来て頂いたのか?
不動産業者さんやwebサイトで見つけて来て頂いたのか?
何に価値を感じて、自分のライフスタイルにこのマンションを当て嵌めて頂いたのかを凄く知りたかったんです。

僕が賃貸マンションを引き継いだ時には
既に入居希望者様と仲介業者様、大家の関係は効率化されていて仲介業者様から
様々な条件を書いた入居申込書を基に大家が住んで頂くかをどうか決めるといった流れが出来ていました。

人を紙一枚で判断するということは中々出来ません…

でも、その効率化は入居者様の選定や契約、滞納賃料の回収等も含まれており
僕の様な素人大家には本当に助かる存在であることは今でも間違いありません。
しかし、どこかに違和感を感じ始めている部分もあります。
もっと入居者様と大家の距離感を縮めることは出来ないだろうか?
入居者様は大家を知ってて、大家も入居者様の事を理解出来る様にしたい…

結果として、今回の面談をさせて頂く事になりました。
顔を合わせ、話をさせて頂くということは、正直緊張もありました。
しかし、それ以上にわくわく&楽しみといった感情のほうが強かったです。
僕は今後この方とどういう関係が築けるだろうか、うちの物件でどんな生活を送られるのだろうか?
素敵な生活を送っていただくお手伝いはできるだろうか?
大家ながらにお節介かもしれませんが、そんなことをわくわく妄想しながら面談させていただきました。

今回が初めての経験でしたが、今後も入居者の方との良い関係の作り方をを考えたいと思います。

 

 

1 / 3123