Blog

「生」

「空間が生きる」
その言葉を心の底から感じる事が出来た。
更新をするのも文章を書く事も久しぶりで。
ご覧頂いている方には時間軸がめちゃくちゃに感じてしまうかもですが。。
正直、何を書く事が空間活用研究所の在り方なのか?
何もできない大家ってずっと言ってきたけどじゃあ何か一つでも出来ないんだろうか?
満室大家を目指す?
不動産?
DIY?
一部の隙もない空間?
目新しい事?
デザイン?
コミュニテイ?
最善の方法なんて元々ないのは身に浸みてわかっているつもりだけど、多分、どれも複雑に絡んでいてその紐を解いていくような感じ。
一つの出会いや言葉や出来事に左右されて感じ方も変わっていく感じ。
自分の範囲から少しずつジリジリ出ていっている感じ。
「生きる」の意味合いも変わってきてる。一つのアイデアや言葉も現実味を帯びてきている。
 
せめて一つ、出来る事があるんなら。
空間に「生」を授ける事ができるなら楽しくさせる方がいい。
 
そんな感じ。
空間活用研究所
空間活用研究所
空間活用研究所
空間活用研究所
空間活用研究所

御礼

更新が一ヶ月も開いてしまいました。。。

空間活用研究所 所長の寺地です。

本サイトで発信している内容とは先回りに、

実家であり、事務所でもある「事務所セルフリフォームPROJECT」のお披露目会を行いました。

その準備をしていた、あっという間の一ヶ月

お手伝い頂いた方、来て頂いた、関わろうとして頂いた方

本当にありがとうございました。

まるで自分が何者かになれた様な錯覚に陥りましたが

笑って頂いた。

楽しそうにして頂いた。

来て頂いた方の顔を見て、自分の吐いた言葉、しなければならないことを実行していこうと決めた次第です

 

自分の狭い世界を見ただけで、全てを知っている様に。偉そうな事を言うつもりは無いけど。

自分の置かれた環境を、もっとより良くするための衝突ってありますよね?

精神的にもモノを手に入れたい欲求も。

色んな家族の関係性があって、生活形態や時間軸も皆違っていて、

必要な設備や必要なモノの量も皆違う。

自宅リフォームPROJECTは、まずは大量の物を捨てる所から始まりました。

家の洋服や、お金を使って得た安心感も捨て去って。

別にノームコアが良いって訳でもない。

 

でも、実際に人によって出来上がった空間を見た時.

自身の得た満足感や払拭された不安感は本当に大きかった。

 

モノだけに固執する所から、他の何かにシフトしていると実感していることは確か。

賃貸マンションも改装すれば取り合いになって、入居者の申込が来て、そのサイクルを早めて。

作れば売れる。

作れば見てもらえる。

部屋の設備が良ければ勝手に入る。

皆は当たり前にわかっている事でも、大家業を受け継がせて頂いて、手探りでやってみて

感じたことは自分が思うほど甘っちょろいものではないなって。

鉛筆でいうと芯の部分。植物でいうと根っこの部分を築30年の古い賃貸マンションを「利用」して、どうなるか?

そんな挑戦?アナタの挑戦を応援する物件を作りたいと記してみます。